皆さんは癒しが欲しい時、何処へ行くでしょうか、何をするでしょうか。私は癒しが欲しい時、近所の風俗へ行くようにしています。そこは、体験談を読んで見つけた穴場風俗です!皆様も当サイトの体験談を読めば見つける事ができるかもしれませんよ!

途轍もない癒しを堪能できる風俗

前から気になっていた嬢のところへ

前々から気になっていた風俗嬢の元に行って来ました。ななみという21歳のデリヘル嬢なのですが、ルックスは想像していたよりも地味な顔立ちでした。髪の毛の色などから、もうちょっとケバいというか、派手な感じのメイクなのかなという予想をしていたんですが、まったくの逆。スタイルは若い子特有のムチムチっとしていながらも、しっかりとハリがある肌質でしたね。バストもたっぷりのEカップで形が良く、揉み心地も感度も高かったです。サービスはデリヘルの範囲内でしっかりと行うような感じなのですが、身体をしっかりと密着させてきてくれるのが良かったです。ただし、キスは決して濃厚なものではない感じで、基本的にはフレンチの域を越えないような感じなので、ちょっと残念な距離感を感じましたね。丁寧ではあるものの、決してテクニックがあるというわけではない感じですから、60分のプレイ時間でギリギリ一回発射出来たという感じでしたから、前々から気にしていたこともあり、ちょっと期待ハズレでしたね。

念願かなってやっとのプレイ

風俗サイトなどで紹介されていたのを目にして以来、ずっと会いたいなと思っていたデリヘル嬢のところへやっと行って来ました。しょうかという27歳のデリヘル嬢なのですが、出勤時間が昼間の時間帯であり、その上で出勤日数も多くないという風俗嬢のため、まったくスケジュールが合わずに、1年くらい気になっていました。お願いだからやめてくれるなよと思いつつ、やっと時間が出来たので、しょうかちゃんを呼んでみました。メイクはナチュラルメイクながら、目鼻立ちがはっきりとしているお嬢様とも言えるし、お姉さまといった感じのスレンダーなお嬢さんが登場です。想像以上の美貌にあっけに取られていました。人懐っこく会話もしてくれるし、プレイは情熱的で激しめのプレイなのも気に入りましたね。風俗サイトであれだけの高評価を受けているのも納得出来ました。惜しむらくは、やっぱり出勤の回数と時間帯です。一部の人間しか通えないのが残念なレア嬢ですね。
尾張 デリヘル

淫語がすごい熟女嬢

いつもは若い子の風俗を利用しているのですが、今回はどうも飽き飽きとしてしまったこともあって、40代と50代の熟女が中心だというデリヘルを利用してきまいた。清楚系のルックスの44歳のはるかさんという嬢が相手をしてくれました。出産経験があるということで、バストはしぼんじゃっている感じでしたが、プロポーションはスレンダーにキープされています。アソコもヒダヒダがくしゃくしゃっとなっている感じで、長年使い古されたアソコだなということを感じさせました。会話から逆セクハラのようなエロ質問をしまくられ、どういったプレイが好きなのかをしっかりと事前確認されたから、優しく舌を絡めてくるようなディープキスからプレイスタートのスイッチが入ります。とにかく淫語がすごく。「もうこんなにびしょびしょになっちゃってるよ。もっと舐めて!強く吸って!」なんていやらしい言葉を並べ立ててきます。自分で卑猥な言葉を使うことで、どんどんとテンションをあげるタイプなんだと感じました。